トップシステムフロア床先行工法の特徴

トップシステムフロアの特長トップシステムフロア床先行工法の特徴

剛性が高い

二連支持脚(PAT.)を使用し、剛性が単脚支持脚よりも高い。
また、環境の変化によるベースパネルの伸縮を抑え、床下地の変形が小さい。

床先行に最適の工法

間仕切の直下に補強脚が不要。

フリープランへの対応が容易

床下地工事が完了した後でも間仕切直下に補強の必要がないため、自由に
間仕切の移動が可能。

二連支持脚・・・床先行工事に最適な工法 トップ二連支持脚
■床下地施工後でも間仕切の変更が容易です。
■改修工事時にも補強工事の必要はありません。
■間仕切直下の補強がいりません。

単脚支持脚・・・●間仕切・枠直下に補強が必要な床先行工法

共通
■後工程の作業が安全になります。
■仕上げ工事全体の施工性があがり、コスト削減に繋がります。